1/100 フランス騎兵戦車 AMX40

1/100  フランス騎兵戦車  AMX40 製品仕様


AMX40_0

当方のオリジナルガレージキットです。通販してます。完成見本はコチラ(別窓で開きます。)

<実車解説>
AMX40は第二次大戦の始まった頃に計画されたフランスの騎兵戦車です。ソミュアS35の後継の予定でしたが設計開始からすぐに母国が降伏した為、実車が製造されることもなく終わっており、概念設計の段階で終了したようです。

<キット解説>
当方オリジナルのガレージキットです。モールドを精密に再現したものではなく、好みの塗装をしてコレクションを楽しむタイプのキットです、なので特にキャタピラの表現は単純なものになっています。スケールは1/100で、正直に言ってしまえばズベズダの1/100スケール低価格キットのシリーズと一緒に並べて楽しむ意図で作っています。基本的にゲームCGの形状をベースに作っていて、実際の計画に合わせてSA35砲と初期砲塔としています。

レジン(ポリウレタン)製で、成型色はアイボリー、部品の内訳は車体1・右脚周り1・左脚周り1・砲塔1・小部品セット1(ヘッドライト2、牽引具1、予備モールドが付いたランナー)・砲身用プラ棒の全6点です、これに加えて簡単な組立て説明書が付属します。車体に脚をひっつけて砲塔を載せるだけなので、ガレージキットとしては簡単に組めるかと思います。前作のTOG2よりは部品が増えたので、ちょっとだけ難しいです(TOG2が楽過ぎるとも言う)。

キットは基本的に普通のプラモデルを組むのと同じ要領で組み立てができます。使う工具も同じですので特殊なもの(超音波カッターとか)は不要です、ガレージキットでよくあるド太いゲートは出荷前にこちらで切り飛ばしてあります。接着を瞬間接着剤で行うこと(プラ専用接着剤は不可)、離型剤を落とすために洗浄を行う必要があること(専用クリーナーか台所用中性洗剤を使用)、の2点だけ注意してください。

スケールは1/100で作っていますが、寸法が明確でないのでゲームCG準拠で作っています。ゲームCGは全長全幅は流通している情報と合っていて、全体形状もおおむね概念図を再現していました。実車が無いということで多少のアレンジが入っており、厳密精密なスケールキットではありません。その点をご理解いただいた上でご購入していただければと思います。

商品は全て手作業で自分で複製を行っています。バリや欠けは個体差が激しいですが、バリはなるべく切り取ってあります。一つ一つ成形状態を確認して、パテ埋めとヤスリがけをすればきちんと組み立てできると判断したものを出荷しています。出荷前に一応は洗浄をしていますが、組み立て&塗装前には再度ご自身で洗浄を行ってください。

<細かい仕様について>
・ヘッドライトはイモ付けです。目印があるので、ランナーから部品を切り取ってそこに接着します。この位置はゲームCGオリジナルのようなので、好みで位置を変えられるよう、別部品としました。
・お尻の牽引具はゲームCGオリジナルのようです。特に根拠は無いようなので、不要な場合は取り付けなくてOKです。
・OVM(工具類)はゲームCGに合わせた内容で、一体モールドしています。
・後頭部の丸いハッチはCGとはちょっと位置を変えています。元設計では長丸なんじゃね?という気もしますがキットはCGと同様で丸にしときました。
・脚周りはサイドスカートと転輪とキャタピラを一体としています。
・車体裏側は再現していません(そもそも不明ですし)。ゲートは裏面にあります、見えない部分なので処理を省略して組むと楽ができます。
・砲塔の旋回ができます。砲身は固定です。取り付け穴は開けてあるのでピンバイス無しでも組み立て可能です。
・成型時や工作時に壊れやすい小モールドの復元用の部品が付属しています。必要に応じてランナーから切り取って使用します。

<写真について>
下写真は全て製品の部品を撮影したものです。ガレージキットの性質上、バリや気泡の出方は個体差がありますので、購入された商品のバリや気泡がこの写真と同じになるとは限りません、参考程度でお願いします。
・扉写真と下の1枚目、キットの箱と内容物。定規は大きさ確認用です。写ってる部品で全部です。
・2枚目と3枚目、成型品の全部です。このように、大きいゲートは切ってあります。
・4枚目と5枚目、車体の前後です。だいたい縁に沿って小さくバリがあります。
・6枚目、脚周りです。上になる面にゲート跡があります。ここの処理が一番手間なはずです。
・7枚目、砲塔と小部品のランナーです。小部品(ヘッドライトと牽引具)は切り取って使います。
・8枚目、完成見本です。完成見本の紹介ページはコチラ(別窓で開きます。)


Top